Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Pramac Racing

タイヤ交換を決断したミラー「危険だったけど、その価値があった」

一部の走行ラインが乾いたウェットコンディションの中でスリックタイヤに履き替えることを決断して今季の予選最高位を獲得。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、第10戦チェコGPの公式予選で今季11度目の転倒を喫したが、ポールポジションタイムから2.524秒差の2番時計。明日の決勝レースを第5戦フランスGP以来、今季2度目の1列目から迎える。

「とてもエキサイティングな予選だった。最初にウェットタイヤで走った後、スリックタイヤでトラックに戻るという決断は危険だったけど、その価値があった。」

「マルケスとのギャップを詰めるために、可能な限りハードにプッシュしたけど、最後のラップで再び雨が降り出してしまった。この結果がとても嬉しい。僕たちはグレートな仕事をしている」と、会心の笑顔で今季の最高位を獲得した予選を振り返った。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの決勝レースを完全生中継で提供。