Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

予選最高位に進出したザルコ「まだファイティングスピリットがある」

初日総合20番手だった後、公式予選1で1番手に進出し、今季初めて公式予選2に進出。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングヨハン・ザルコは、第10戦チェコGPの公式予選でポールポジションタイムから2.598秒差の3番時計。昨年11月の第18戦マレーシアGP以来、KTMに加入してから初めて1列目に進出した。

「タフな時期を過ごしてきたから、これはとても気分が良い。まだ僕は苦しんでいるけど、ウェットがみんなをリセットしてくれた。」

「午後に良い方向性と大きな自信が見つかり、バイクとタイヤを本当に良く感じることができた。最後にスリックタイヤで走る作戦は困難で、自信がなかった。ポールポジションを狙うには、レインタイヤは非常に硬かったけど、セッションの最初からグッドなラップで走れた。」

「チームにとってグッドなフィーリングをもたらしてくれる。これが必要だった。このレベルに必要なファイティングスピリットをまだ持っていることを証明した」と、今季の予選最高位を喜んだ。

Support for this video player will be discontinued soon.

ザルコ「Q1のフィーリングは最高だった」

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第10戦チェコGPの決勝レースを完全生中継で提供。