Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motorsport.com

来季の就任先を検討するフォルガー「ヤマハのテストライダーは誘惑的」

中量級のレギュラーライダーとして複数のチームから打診があることを認めたが、(健康上の問題から)リスクが大きいことを説明。

モータースポーツの専門ウェブサイト、『motorsport.com』は、ヤマハのテストライダーを務める一方で負傷代役として今季5戦に参戦したジョナス・フォルガーが来季20年の就任先に関して現状を説明したインタビューを紹介。テストプログラムの改善を図るヤマハからテストライダーの継続を打診されたことを明かした。

「レギュラーライダーとしてフル参戦するのか、ステファン・ブラドルのように数戦にワイルドカードとして参戦しながらテストライダーを続けるのか。僕にとって何がベストなのかを検討しなければいけない。テストライダーはとても誘惑的。中量級に参戦する場合、ものごとが悪い方に向かってしまう恐れがある。」

「リスクが大きいのは中量級。もしかしたら、100%集中できる能力が僕にはないかもしれない。当然、テストライダーという仕事は難しい。リスクを覚悟の上で中量級のシートを探し、上位進出にトライするのか、ヤマハのテストライダーとして、年間に2、3度のワイルドカードの機会を得るのか、決断を下さなければいけない。」

「あまりにも長くレースから離れていたことから、経験が不足している。レース中盤から最後までのスピードはあるから、もう一度レースモードを学ばなければいけない。もう少しレースの経験を積めば、少しずつ感覚を取り戻せるだろう。」

「当然、ペトロナスと交渉した。全てのレースが簡単ではなかったから、僕は彼らの第一オプションではない。複数のチームからオファーがあるけど、まずはベストライダーたちのシートが確定するまで待たなければいけない。その次が僕の番だろう。」

25歳のドイツ人ライダーは、ヤマハのテストライダーとして、フィンランドのキュミリンクで実施される19日からのテストに参加する。

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第12戦イギリスGPの全セッションをノーカットの完全生中継配信。