Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

0.068秒差で1列目を逃したリンス「表彰台を目指す」

今季5度目の公式予選1で2番手だった後、公式予選2で5番手まで挽回。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、第12戦イギリスGPの公式予選でポールポジションタイムから0.502秒差の5番時計。明日の決勝レースを2列目から迎える。

初日4番手と15番手だった後、2日目はフリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、1度目のコースインでフロントに中古のミディアムタイヤ、リアに新品のハードタイヤを装着して2分00秒台を4回記録。2度目のコースインでは、タイヤを維持すると、2分00秒台を3回記録して6番手だった。

「1列目を逃したことは残念だけど、僕のペースがまともで、一貫していることが重要だ。フリー走行4は、中古タイヤで上手く走れた。これはポジティブな兆候だ。僕たちのバイクは非常に機敏で、シルバーストンに対してとても良く適応していることから、アドバンテージを与えてくれるだろう。」

「明日は表彰台を目指す。バイクは十分に強い。僕はハードにトライする」と、僅少差で1列目を逃したことを悔やみ、決勝レースで第4戦スペインGP以来戦ぶりとなる表彰台に挑戦することを力強く語った。

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第12戦イギリスGPの決勝レースを完全生中継で配信。