Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「自信がある。グッドなスタート、それがカギだ」

ミスが影響して2列目を逃したことを悔やみ、3列目からの巻き返しを図る。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの公式予選でポールポジションタイムから1.599秒差の10番時計。明日の決勝レースを4列目から迎える。

ドライコンディションだった初日は4番手と8番手。ウェットコンディションとなった2日目のフリー走行3は14番手。フリー走行4は、フロントにハードタイヤ、リアにソフトタイヤを装着すると、1分46秒台を6回記録して8番手だった。

「ベストラップの時にミスを犯してしまったのは残念。12コーナーではらんでしまい、コースの外に飛び出てしまった。2列目に進出するタイムを出すことができただろう。表彰台を争えるペースがあると思うから、2列目は重要だった。」

「後方からのスタート状況を難しくするけど、僕は自信がある。明日のウォームアップ走行で仕事を続ける。グッドなスタートが違いを生み出すだろう。それがカギだ。」

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第14戦アラゴンGPの決勝レースをノーカットの完全生中継配信。