Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

2列目を確保したロッシ「これはグッドなレースができるという意味」

フリー走行3とフリー走行4で連続7番手だった後、公式予選2で6番手に進出。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第14戦アラゴンGPの公式予選でポールポジションタイムから1.006秒差の6番時計。明日の決勝レースを2列目から迎える。

ドライコンディションだった初日は17番手と2番手。ウェットコンディションとなった2日目のフリー走行3は7番手。フリー走行4は、フロントにミディアムタイヤ、リアにソフトタイヤを装着して1分49秒台を5回記録。リアに新品のハードタイヤに履き替えた2度目のコースインでは1分49秒台を4回記録して7番手だった。

「最終的な結果は、それほど悪くない。ポールポジションからそれほど離れていないことから、2列目からスタートすることは、グッドなレースができるという意味。上位陣はストロングだ。僕たちのペースはとても良いけど、まだ仕事が必要だ。」

「フリー走行4で異なることを試した。表彰台を争うには、もう少しスピードが必要だけど、上位陣からそれほど遠くないから、トライしよう。」

「グッドなラップだった。それほど悪くなかったけど、小さなミスを1つ、2つほど犯してしまった。1分47秒台に入れたけど、ポジションはそれほど良くならなかったからOKだ。」

Support for this video player will be discontinued soon.

ロッシ「マルケスが速いけど、明日のレースが面白そうだ」

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第14戦アラゴンGPの決勝レースをノーカットの完全生中継配信。