Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By motogp.com

インディペンデント部門~クアルタラロが2冠に向けて大きく前進

ライダー部門:クアルタラロ/ミラー/クラッチロー/モルビデッリ/中上。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第16戦日本GPで2戦連続4度目の2位を獲得。インディペンデントチームライダー部門において、ジャック・ミラーが10位、カル・クラッチローが5位、フランコ・モルビデッリが6位でゴールしたことから、アドバンテージを大きく広げることに成功。

残り3戦、75ポイントのタイトル争いにおいて、次戦オーストラリアGPでアドバンテージを51ポイント以上に拡大すれば、タイトル決定となる。

インディペンデントチームチーム部門では、ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームが2戦連続して30ポイントを加算。LCR・ホンダとのアドバンテージを57ポイント差から76ポイント差に拡大。

残り3戦、135ポイントのタイトル争い(1戦で獲得可能なポイント数はワンツーフィニッシュで45)。新規参戦チームがタイトル獲得に向けて大きく前進した。

ライダー部門(第16戦日本GP終了時点)
1. ファビオ・クアルタラロ: 163ポイント
2. ジャック・ミラー: 125ポイント(38ポイント差)
3. カル・クラッチロー: 113ポイント(50ポイント差)
4. フランコ・モルビデッリ: 100ポイント(63ポイント差)
5. 中上貴晶: 74ポイント(89ポイント差)
6. アレイシ・エスパルガロ: 47ポイント(116ポイント差)

チーム部門(第16戦日本GP終了時点)
1. ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チーム: 263ポイント
2. LCR・ホンダ: 187ポイント(76ポイント差)
3. プラマック・レーシング: 162ポイント(101ポイント差)
4. アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ: 80ポイント(183ポイント差)
5. レッドブル・KTM・テック3: 40ポイント(223ポイント差)
6. レアーレ・アビンティア・レーシング: 23ポイント(240ポイント差)

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第16戦日本GPの決勝レースをオンデマンドで配信。