Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By LCR Honda IDEMITSU

ホンダ車を初走行したザルコ「トップ10入りの可能性を確認」

中上の負傷代役として参戦を開始。初乗りとなった初日は42ラップを周回して総合15番手。

LCR・ホンダ・イデミツヨハン・ザルコは、第17戦オーストラリアGPのフリー走行1で21ラップを周回して13番手。フリー走行2も21ラップを周回して、トップタイムから1.617秒差の15番手だった。

「雨が降った午前はバイクを発見することが容易ではなかったけど、ゆっくりと進み、より多くの時間をかけたことが良かった。ウェットだと少し怖いけど、それほど遅くなったことはポジティブだ。」

「ドライの中でバイクを本当に試すことができ、現実的な情報を入手できたことは良かった。フィリップアイランドは高速トラックだから、自信を持って走ることが必要。良い感じを得なければいけない。まるで新人のように時速300キロで走ることに適応した。」

「カル・クラッチローと比較して、改善点を確認できることはナイス。コーナーがそれほど速くなかった。ステップ・バイ・ステップで良くなったけど、トップ10入りするには十分ではなかった。」

「今週末に新たな限界を見つけ、高いレベルのパフォーマンスを取り戻すことは難しいけど、これは挑戦だ。このバイクの限界はとても遠く、進むべき道のりは長い。嬉しいけど、自信を取り戻さなければいけない。今日はトップ10入りが可能であることを確認した。それほど離されていない。ベストを尽くそう。」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第17戦オーストラリアGPの公式予選と決勝レースを完全生中継で配信。