Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By LCR Honda CASTROL

勇敢な走りを見せたクラッチロー「それほど怖くなかった!」

昨年は初日に右足首を骨折したが、今年は時速340キロを越えて総合3番手に進出。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、第17戦オーストラリアGPのフリー走行1で14番手。フリー走行2は、2度のコースインで1分30秒台を7回記録した後、フロント、リア共に新品タイヤに履き替えた3度目、4度目のコースインでは、1分29秒台を2回記録して、トップタイムから0.501秒差の3番手に浮上した。

「現状、バイクにファンタスティックなフィーリングがない。時々、1コーナーの進入で少し怖さがあるけど、トップスピードが前回よりも速かった。時速343キロだったから、それほど怖くなかった!」

「全体的に嬉しい。幾つかの分野の改善、バイクの改善が必要だけど、エクストラセッションがあったことで、2度のドライセッションとなり、大きく役に立った。明日の天気予報は良くない。現時点で雨の走行となるバイクに良い感じがないことから、明日はそのフィーリングが良くなり、レースがドライになることを願う。」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第17戦オーストラリアGPの公式予選と決勝レースを完全生中継で配信。