Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By LCR Honda CASTROL

転倒から1年後に表彰台を獲得したクラッチロー「とても嬉しい」

1年前に右足首を骨折したフィリップアイランドで今季3度目の表彰台を獲得。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースで2列目6番グリッドからスタートで2番手に浮上。4ラップ目から9ラップまで、今季初めてトップを快走した後、マーベリック・ビニャーレスとマルク・マルケスに抜かれ、3番手を単独走行したが、最後はビニャーレスが転倒したことから、11.413秒差の2位でフィニッシュ。

1年前に右足首を骨折したフィリップアイランド・サーキットで今季の最高位、第9戦ドイツGP以来今季3度目の表彰台を獲得して、総合8位ジャック・ミラーとのギャップを12ポイント差から8ポイント差に詰めた。

「僕のチームは素晴らしい仕事をしてくれた。表彰台を獲得できるバイクに仕上げてくれたチームとホンダに感謝したい。1年前にあのようなことに見舞われた後で、表彰台を獲得できたことがとても、とても嬉しい。表彰台に相応しいマーベリックが転んだことで、2位になれたことは幸運だったけど、チームメイトのジャック・ミラーと共に表彰台に登れたことは最高だ。」

「金曜のフリープラクティスから何があろうと表彰台を獲得できるペースがあることが分かっていた。僕たちは懸命に働き、年間3度目の表彰台は良い。」

「ハードタイヤを選んだ。グッドなタイヤはソフトだったけど、タイヤで勝負をする。もしかしたら、ソフトを装着していたら、優勝争いができたかもしれないけど、ラスト5ラップはリアタイヤをマネージメントする必要があり、最終ラップには雨が降り出した!」

「9コーナーでのオーバーテイクは予想外だった。スペースはなかったけど、マルクはそれを見つけた。僕は転倒しなかったから、なんてことはない。」

「マルクと僕は、このトラックに対して良いけど、ホンダはグリップが少し足りない。マーベリックは週末を通じて最も速かった。この意味でより操縦しやすいバイクが必要だ。」

Support for this video player will be discontinued soon.

クラッチロー「まだまだやりたい、まだできる」

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第17戦オーストラリアGPをオンデマンドで完全配信。