Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

肺挫傷の影響が残るミル「上手く呼吸ができなかった」

4戦連続9度目のトップ10入り、負傷から復帰後6戦連続11度目のポイント圏内進出。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第18戦マレーシアGPの決勝レースで5列目13番グリッドから13ラップ目にカル・クラッチロー、16ラップ目にダニロ・ペトルッチを抜き、17ラップ目にヨハン・ザルコをイン側から抜こうとした際に接触。

17ラップ目にジャック・ミラーを抜いて8位に浮上したが、レースディレクションからザルコの転倒を引き起こした行為に対してペナルティが科せられ、19ラップ目にロングラップペナルティを実行。ミラーとペトルッチに抜き返され、10位でフィニッシュした。

「僕のキャリアで最も厳しいレースとなってしまった。身体的に非常に辛く、とても上手く呼吸ができなかった。これはブルノで苦しんだ肺挫傷が起因するだろう。湿度が高い条件では、非常に困難になってしまい、完全に回復していなかったことを示したからレースに影響してしまったけど、トップ10入りができた。」

「全てが良い経験となった。今すぐに帰国することはナイス。ファイナルレースに向けて準備を整えよう。」

ミルとザルコが接触転倒を語る

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第18戦マレーシアGPの決勝レースをオンデマンドで完全配信。