Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By karel_abraham17

アブラハム「15年間は美しかった。思い出は僕の心に残るだろう」

プライベートテスト開催前日に、ソーシャルメディアを通じて、来季20年に参戦しないことを発表。

レアーレ・アビンティア・レーシングのカレル・アブラハムは、来季20年に向けた年内最後のイベント、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでのプライベートテストを直前に控えた24日、自身が運営するソーシャルメディアを通じて、契約期間が来年末まで残っているが、『MotoGP™クラス』から離脱することを発表した。

「重大な発表をしたい。既に知っているかもしれないけど、2020年は『MotoGP™クラス』に参戦しない。とても悲しく失望しているけど、前に進み、今後のことに集中しなければいけない。」

「全てのサポーター、ファン、チーム、スポンサー、そして、良いときも悪いときも支えてくれた家族に心から感謝したい。ワールドチャンピオンシップに参戦した15年間は美しかった。素晴らしい時間を過ごした。最高の思い出は僕の心に残るだろう。ありがとう。」

29歳のチェコ人ライダーは、最高峰クラス122戦、キャリア通算214戦目となった最終戦バレンシアGPでシーズン16度目の完走、6度目のポイント圏内でフィニッシュした後、サーキット・リカルド・トルモで開催されたオフィシャルテストに参加。

最高峰クラス9年目、キャリア15年目となる来季20年に向けて、18年型のデスモセディチGP18から19年型のデスモセディチGP19への乗り換えを始めると、テスト終了後には、「数日後にヘレスでテストが計画されている!」と、ソーシャルメディアを通じてメッセージを送っていた。

ブラックフライデー』限定の特別提供!1ユーロで『ビデオパス』の動画が見放題。