Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

満面の笑みを浮かべたリンス「本当にグッドな1日、仕事を続けよう!」

1日目はフェアリングのテストに専念。2日目は電子制御とシャーシに着手。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、昨年7番グリッドから5位を獲得したマレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテストに参加すると、12度のコースインで56ラップを周回し、トップタイムから0.250秒差の3番手に進出した。

「今日は本当にグッドな1日となった!エキサイティングだ。冬の間は本当に恋しかったから、バイクに戻れたことが嬉しい。フェアリングの分野に時間を費やし、幾つかの新しいパッケージを試した。」

「気に入ったコンフィグレーションが見つかったから、僕たちは一歩前進した。そのことが嬉しい。明日は電子制御とシャーシの仕事に取り組もう。昨年末のテストと同じエンジンを使用している。フィーリングはとてもポジティブ。仕事を続けよう!」と、会心の笑みを浮かべ、初日を振り返った。

VideoPass』では、セパン・インターナショナル・サーキットとロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストの動画を配信。