Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

確実に進歩するビニャーレス「バイクはかなり良い感じ」

2日間連続して6番手も新車の理解度を高め、リズムとトップスピードを改善。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、昨年2番グリッドからシーズン2勝目を挙げたセパン・インターナショナル・サーキットに戻って来て、今年最初のオフィシャルテストに参加すると、ヤマハ発動機が準備したファクトリースペックをシェイクダン。

1日目は49ラップを周回して6番手。2日目は14度のコースインで69ラップを周回すると、トップタイムから0.321秒差の6番手に進出した。

「すごく良かった。バイクはかなり良い感じで、リズムは非常に戦闘的だ。セッション最後には非常に重要な幾つかのことが良くなった。幾つか沢山のことを理解し、カタールに向けて日々準備が整っている。」

「現時点で最も重要な特にリズムが午前中から大きく改善された。前にも言ったように、スタートから序盤の数ラップ、ブレーキングでのプッシュ、フィーリングがとてもポジティブ。トップスピードが改善され、他のメーカーと同じレベルにある。これは重要だ」と、新車の改善が順調以上に進んだことを説明した。

VideoPass』では、セパン・インターナショナル・サーキットとロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストの動画を配信。