Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

9番手から4番手に浮上したミル「明日もう一度プッシュしよう」

新型シャーシ、新型スイングアーム、エアロダイナミクス、電子制御のテストプログラムに着手。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、昨年13番グリッドから10位でフィニッシュしたセパン・インターナショナル・サーキットに乗り込み、オフィシャルテストに参加。1日目は新型シャーシと新型スイングアームを中心としたテストプログラムに取り組みながら51ラップを周回して9番手。

2日目は、午前中に新型シャーシ、午後にエアロダイナミクスと電子制御の調整を進め、14度のコースインで54ラップを周回すると、トップタイムから0.159秒差の4番手に浮上した。

「今日は幾つか異なることを試したから、とても難しい1日となったけど、これがテスト。全てを試し、全てを理解することが非常に重要。」

「全ての進み方がとても嬉しい。ニューシャーシのポジティブなことが幾つか見つかったけど、さらに分析して、最善の手段を見つける必要がある。グッドなラップがあったけど、まだ改善の余地があるから、明日もう一度プッシュしよう」と、2日目を振り返った。

VideoPass』では、セパン・インターナショナル・サーキットとロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストの動画を配信。