Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Petronas Yamaha SRT

3日間連続1番手に進出したクアルタラロ「目標を少し変更」

連続12ラップのロングランを実行し、2分00秒台を6回、1分59秒台を6回記録。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、オフィシャルテスト3日目に9度のコースインとスタート練習で57ラップを周回すると、1分59秒台を15回、1分58秒台を最多の4回記録。

昨年の公式予選でポールポジションを獲得した際に樹立したオールタイムラップレコード(1分58秒303)に接近する1分58秒349の1番時計を刻めば、13時過ぎからは、連続12ラップのロングランを実行。2分00秒台を6回、1分59秒台を6回記録した。

「午前中にペースを上げて、グッドなラップタイムをマークするのは簡単ではないから、難しい1日となってしまったけど、全体的に本当に嬉しい。誰もトラックにいない、最も暑い時間帯に12ラップのロングランをやった。」

「ペースは1分59秒後半から2分00秒前半。悪くなかったけど、路面温度が55度まで上昇していたから、もしかしたら、最悪のトラックコンディションだったかもしれない。」

「スピードを改善するために最善の手段で仕事を進めている。上手く行けば、カタールで一歩前進するだろう。」

「目標を少し変更した。1ラップは速く走れることが分かっているから、ロングランのペースを改善したい。全体的に20年型バイクでの今年最初のテストに満足」と、ロングランを実行した3日目を振り返り、目標を修正したことを説明。

ヤマハのサテライトチームは、13日後の2月22日から開幕戦カタールGPの舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される今年2度目のオフィシャルテストに参加する。

オフィシャルテスト
1日目: 1分58秒945(52ラップ/1番手)
2日目: 1分58秒572(72ラップ/1番手)
3日目: 1分58秒349(57ラップ/1番手)

2019年第18戦マレーシアGP
公式予選2: 1分58秒303(1位)
決勝レース: 2分00秒291(7位)

オールタイムラップレコード:1分58秒303(19年/F.クアルタラロ)
ベストレースラップ:1分59秒661(19年/V.ロッシ)
テストベストラップ:1分59秒239(19年/D.ペトルッチ)

オフィシャルテスト~インタビュー

VideoPass』では、2月22日から3日間、開幕戦カタールGPの舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されるオフィシャルテストの動画を配信。