Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Pramac Racing

ドゥカティ勢1番手のバグナイア「タイムは良かったけど...」

タイムアタックで初めて54秒台に進出。最終日の課題はレースペース。

プラマック・レーシングフランチェスコ・バグナイアは、昨年5列目13番グリッドから他車との接触が原因でフェアリングが破損したことから、リタイアを強いられたロサイル・インターナショナル・サーキットに戻り、今年2度目のオフィシャルテストに参加。

1日目は9番手。2日目は8度のコースインで52ラップを周回すると、1分55秒台を11回、1分54秒台を1回記録して、トップタイムから0.482秒差の5番手に浮上した。

「ポジティブな1日となったことが嬉しい。中古タイヤの仕事を沢山して、ミディアムタイヤのフィーリングは良い。1ラップのタイムが嬉しいけど、レースペースはまだ足りないから、仕事をしないと。初日からグッドな前進を果たしたけど、明日はもっと良くなることを見つけなければいけない」と、レースペースを追求することを課題に挙げた。

オフィシャルテスト
1日目: 1分55秒204(56ラップ/9番手)
2日目: 1分54秒520(52ラップ/5番手)

オールタイムラップレコード: 1分53秒380(19年/M.マルケス)
ベストレースラップ: 1分54秒927(16年/J.ロレンソ)
テストベストラップ: 1分54秒029(18年/J.ザルコ)

VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから史上最多全20戦を完全網羅の生中継で配信。