Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~6メーカーのギャップは0.574秒差

プレシーズンのテスト最終日に参加した全22名中、トップ18が1秒差の接近。

最高峰クラスは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで22日から3日間、オフィシャルテストを実施。ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、ホンダ、KTM、アプリリアのタイム差は、0.574秒差だった。

セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年最初のオフィシャルテストでは、6メーカーのタイム差が0.345秒差。2週間後に開催された今回のオフィシャルテストでは、ヤマハ勢がトップ3を独占した一方で、スズキ(アレックス・リンス)がトップタイムから0.210秒差に接近。ドゥカティ(ジャック・ミラー)は0.247秒差、ホンダ(マルク・マルケス)は0.291秒差、KTM(ブラッド・ビンダー)は0.425秒差、アプリリア(アレイシ・エスパルガロ)は0.574秒差。

ライダー別では、総合1番手に進出したマーベリック・ビニャーレスと総合18番手カル・クラッチローのタイム差が0.972秒差。18人が1秒以内に接近すれば、総合19番手以降のミゲール・オリベイラ、イケル・レクオナ、アレックス・マルケス、ブラッドリー・スミスは、タイムアタックにトライしなかった。

2020年
6メーカーのタイム差: 0.574秒差
トップから1秒以内に接近した人数: トップ18

2019年
6メーカーのタイム差: 0.965秒差
トップから1秒以内に接近した人数: トップ15

2018年
6メーカーのタイム差: 1.203秒差
トップから1秒以内に接近した人数: トップ12

2017年
6メーカーのタイム差: 2.021秒差
トップから1秒以内に接近した人数: トップ13

VideoPass(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから史上最多全20戦を完全網羅の生中継で配信。