Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

自信を見せるエスパルガロ兄「僕よりも速いライダーたちは多くない」

アプリリアの20年型に対する信頼感と上位進出の確かな自信を得て、今年3度のテストを終了。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアレイシ・エスパルガロは、昨年4列目12番グリッドからトップ10入りを達成したロサイル・インターナショナル・サーキットに戻り、今年2度目のオフィシャルテストに参加。

20年型プロトタイプマシン、RS‐GPのシェイクダウンでセンセーショナルなパフォーマンスを見せた前回のオフィシャルテストを継続するように、1日目から10番手、11番手に進出。

3日目、最終日は14時42分から走行を開始すると、11度のコースインで56ラップを周回。1分55秒台を20回、1分54秒台を7回記録して、トップタイムから0.574秒差の13番手、3日間総合13番手。

13日後のオープニングレース、開幕戦カタールGP決勝レースを想定して、19時15分から連続13ラップのロングランを実行すると、1分56秒台を2回、1分55秒台を11回記録した。

「表彰台争いの準備が出来ている。手応えを感じるし、僕は準備が整っている。僕よりも速いライダーたちは、そんなに多くない。今年のバイクは僕のキャリアの中でベストバイクだから、全てを整えて、どこまで行けるのか楽しみだ。」

「多くのライダーたちが接近している。前方からスタートすれば、トップを走れることは確かだ。54.5秒台を連発した。レースは集団になるけど、ペースを維持できるライダーたちは多くいないから、予選がカギとなる。」

「今回のテストも困難だった。沢山の問題が発生したことから、周回を重ねることができなかったけど、大きな問題はなかった。エンジンの問題もなかった。新しいバイクだから、小さな問題が沢山あったけど、これは起こること。エンジニアたちは緒戦に向けて仕事ができる。全体的に戦闘力が高かったから、プレシーズンの終わり方に満足」と、満面の笑みでテストを総括した。

オフィシャルテスト
1日目: 1分55秒268(41ラップ/10番手)
2日目: 1分54秒762(33ラップ/11番手)
3日目: 1分54秒432(56ラップ/13番手)

オールタイムラップレコード: 1分53秒380(19年/M.マルケス)
ベストレースラップ: 1分54秒927(16年/J.ロレンソ)
20年テストベストラップ: 1分53秒858(M.ビニャーレス)

VIDEOPASS(ビデオパス)』では、開幕戦カタールGPのプレスカンファレンスから史上最多全20戦を完全網羅の生中継で配信。