Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Petronas Yamaha SRT

モルビデッリ「戻るときにはパワフルに」

外出禁止の中、フィジカルトレーニングを中心にハーモニカとカホンの習得にトライ。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、新型コロナウイルスの影響を受け、深刻な事態となっている出身地のイタリアで今月10日から不要不急の外出が禁止されていることから、自宅に滞在していることを説明。

「今はイタリアの自宅に滞在しているところ。外出が制限されているけど、この状況を一日でも早く改善されることを願う。唯一できることは屋内でのトレーニング。当然、通常のトレーニングではないけど、体調を維持することを心掛けている。」

「確かに計画通りにトレーニングを実行することができないけど、今は自宅で過ごす時間が多くなったから、時間がなくて後回しにしていたやるべきことをやる時間がある。それに幾つかの楽器を所有しているから、この機会に習いたい。練習が必要なんだ!この状況が終わる頃には、ハーモニカとカホンを習得したい。」

「カタールのレースをテレビで観戦したけど、グレートなレースで2位を獲得したジョン(・マックフィー)は凄かった!それに、チャビ(・ビエルゲ)、ジェイク(・ディクソン)、(カイルール・イダム・)パウィのレースも興味深かったけど、僕自身がレースに参戦しなかったことが少し悲しかった。レースのプレシャーなしに、チームメイトや友人たちを応援することはナイスだけど、あそこにいなければいけなかったと感じた。」

「全てのイタリア人、同じような環境に置かれている世界中の人たちには、落ち着いて、各国の当局の従ってほしいとメッセージを送りたい。家に滞在する時間を楽しんでほしい。僕たちは少し休んでいるけど、早い時期にトラックに戻れることを願う。戻るときには、パワフルにエネルギッシュに走ろう。」

ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されたオフィシャルテストで総合2番手に進出した25歳のイタリア人ライダーは、自宅でのフィジカルトレーニングを中心に最高峰クラス3年目、キャリア通算7年目のシーズンに向けて準備を進めている。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスの緒戦まで、ユーザー登録者に無料お試しのフリートライアルを提供中。

 

推奨記事