Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Petronas Yamaha SRT

マレーシアが3つの運営団体に全面的な支援を表明

4つのカテゴリーに参戦するセパンチームが国際モーターサイクリズム連盟、国際ロードレーシングチーム連盟、ドルナスポーツを全面的に支援。

ペトロナス・セパン・レーシング・チーム代表のラズラン・ラザリは、開幕戦カタールGP以降、開催延期が続く状態の中、開催日程を調整する国際モーターサイクリズム連盟、国際ロードレーシングチーム連盟、ドルナスポーツを全面的に支援することをチームのリリースを通じて表明した。

「新型コロナウイルスのパンデミックは、我々の歴史において、前例のない時期です。我々の愛する人たちの健康、期待に応えるビジネス、世界経済、そして、日常の生活に影響を与えました。」

「モータースポーツは、それが二輪でも四輪でも、サーキットでもオフロードでも、本質的にエンターテイメントであり、我々の愛情と情熱です。直面しているパンデミックによって、そのことの重要性を失い、優先事項は世界中のファンと我々のチームメンバーの健康です。」

「ウイルスが感染拡大するリスクを最小限に抑え、各国政府の指示に従い、自宅に滞在することを改めて呼びかけ、勧告にします。」

「我々が団結し、開催日程の変更、そして、今年の継続開催を保証するために措置に対して、ドルナスポーツ、国際モーターサイクリズム連盟、国際ロードレーシングチーム連盟を全面的に支援します。」

マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットが運営するチームは、19年シーズンに引き続き、『MotoGP™クラス』、『Moto2™クラス』、『Moto3™クラス』、『MotoE™ワールドカップ』への参戦を予定する。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。ユーザー登録を希望する方は、『ユーザー登録』まで。