Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By FIM Enel MotoE™ World Cup

MotoE™ワールドカップ~予定通りに欧州での開催を目指す

スピードと耐久性の向上により、開催元年を上回るエキサイティングなレースが保証。

Tags MotoE, 2020

FIM Enel MotoE™ World Cup(FIM エネル MotoE™ワールドカップ)』は、新型コロナウイルスの感染拡大が原因で予定されていたヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトでのオフィシャルテストと開幕戦スペイン・ヘレス大会が延期となったが、ドルナスポーツは20年シーズンの開催が最優先事項であり、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)、国際ロードレーシングチーム連盟(IRTA)、ワールドカップのパートナーたちとの間で開催に向けた取り組みが再確認され、『MotoGP™世界選手権』の併催として、欧州で複数のレースの開催を目指すことを発表。

開催2年目の20年シーズンは、開催元年から限界をさらに押し上げ、3月10日から3日間、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで実施された今年最初のオフィシャルテストでは、エキサイティングなレースが約束されるパフォーマンスが確認された。

スピード
エレクトリックバイクを供給するエネルジカは『エゴコルサ』のトルクを増加させ、タイヤを供給するミシュランは新しいリアタイヤを投入。フロントフォークのセットアップも改善されたことから、ラップタイムが19年よりを約1秒半更新。

耐久性
タイトルスポンサーのエネルから参戦2年目に向けて新型のバイクチャージャーが導入されることから、サイティングラップ後にグリッド上で充電が可能となり、レース周回数の1ラップ増加が決定。新型のバッテリー冷却システムにより、ライダーはフルパワーを頻繁に長く楽しめることが許されることになった。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。ユーザー登録を希望する方は、『ユーザー登録』まで。