Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By ¡Cambia el mapa!

「フランコは自分が速く走れると信じなければいけません」

パッドクを代表するクルーチーフの1人、フォルカダがモルビデッリの可能性を語る。

オフィシャルポドキャストの『¡CAMBIA EL MAPA!(カンビア・エル・マパ)』は、ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリのクルーチーフを担当するラモン・フォルカダを招待。新人ファビオ・クアルタラロと比較されたモルビデッリの19年シーズンを評価し、20年シーズンの課題を説明した。

「チームメイトが際立つパフォーマンスや結果を獲得する場合、闘うしか手段はありません。重圧がないように思われましたが、プレッシャーがあったのは確かです。そのプレッシャーをコントロールしようとトライしていました。チームメイトが最初のライバルであり、自分よりも良い結果を挙げ、年齢が若ければ、よりプレッシャーがかかることから、唯一の手段は、それを乗り越えることです。」

「チームメイトの速さで重圧がかかりますが、それに加え、予期しないことが発生しました。チームメイトがワールドチャンピオンだと分かっていたら、ナンバーワンの地位や技術面の優遇など予想される状況に対して準備ができますが、予期していないことが起これば、明らかにシャックは大きいです。」

「フランコのリザルトは悪くなかったですが、ファビオのリザルトに少し影を落としました。ベストなリザルトではなく、当然改善することができますが、内部から見れば、グループ内でのバトルや転倒などを含めたリザルトよりも速いライダーであることを証明しました。」

「彼は学習することを望み、常に原因を追求し、データを検証します。彼は衝撃的なほどの働き者です。我々は話し合い、彼がすべきことは、自分が速く走れると信じ、自分の速さに相応しい結果を獲得できると信じることです」と、クルーチーフとして助言を与えた。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。