Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

「マルクが僕のことをライバルだと認識した」

レジェンド、シュワンツと共演したリンスがマルケス兄とのライバル関係を語る。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、オフィシャルウェブサイトの新たなプログラム『MotoGP™ Live: A sit down with...』の初回にレジェンド、ケビン・シュワンツと共に参加。19年シーズンの後半戦緒戦となった第10戦チェコGP公式予選2を発端とした王者マルク・マルケスとのライバル関係を語った。

「僕にとって、マルクは破るべき相手。ライバル意識は非常に高い。2019年に彼とトラックを共有する瞬間が多く、彼が勝ち、僕の前でフィニッシュしたときは、少し腹が立った。彼に勝ちたい。しかし、彼も同じように勝ちを望む。シルバーストンで彼に勝ったとき、とても、とても怒っていたことを覚えている。」

「マルクは精神面に関して非常に強い。全てのライダーたちと多くの駆け引きをする。例えば、頭に思い浮かぶのは昨年のブルノ。僕はファーストラップをしていたとき、彼は後ろを振り返って僕を確認して、スペースを開けたけど、それほど広くなかった。乾いている走行ライン上で彼に接触してしまい、あのラップを失ってしまったけど、OK。僕はプッシュを続けた。最後のシケイン、左のコーナーに入る手前で僕を接触ギリギリで追い越した直後にピットレーンに進入した。あの瞬間、マルクが僕をライバルだと認識したことを知った。」

「あれは僕が良い仕事をしているという意味だから気に入った。マルクは信じられないライダー。多くのレースに勝ち、多くのタイトルを獲得する。そのライダーが僕のことライバルだと考えるなら、それは彼と闘っているとい意味だ」と振り返った。

MotoGP™ Live: A sit down with...』では、20年シーズンのレギュラーライダーたちをはじめ、チャンピオンシップの歴史を刻んだレジェンド、パドックのメンバーたちを招待。定期的にライブ配信する。

『MotoGP™ Live: A sit down with...』

マルケスとリンスがインシデントを説明

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。『MotoGP™ Virtual Race(バーチャルレース)』も5月31日に配信!