Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By motogp.com

LCRの希望はクラッチロー&中上の継続起用

HRCとクラッチロー、中上が契約を更新し、2021年も継続して起用できることを熱望。

LCR・ホンダのチームマネージャー、ルーチョ・チェッキネロは、オフィシャルウェブサイトのインタビューに応え、今季末で契約が満了となるカル・クラッチロー中上貴晶を2021年も継続して起用したい意向を表明した。

2015年から起用し、2018年からHRCのライダーとして参戦するクラッチローについて、「誰もが知っている通り、カルは怪我に非常にタフですが、2018年のオーストラリアで負傷しました。重大な負傷を負ったことで、もしかしたら2020年の参戦を最後にすることを考えたかもしれませんが、それは当然のことです。引退の可能性を検討し始めたかもしれませんが、2019年の後半戦あたりから、もう1年、2021年も走りたいと言い始め、今は私の感触としては、彼は2021年に走ることを望んでいます。」

「なぜなら、ロックダウンの期間中にレースなしの人生は退屈かもしれないことを理解する機会となり、ライダーのフィーリングからレースをストップしてしまうことは難しいです。」

「来年の契約更新に向けて、カルとホンダが話し合いをしてくれることを楽しみにしています。彼とHRCの議論となります。彼はHRCのライダーであることから、私は直接関与しませんが、我々としては、カルが継続してくれると大変幸せです。」

最高峰クラスに昇格した2018年から1年ごとにHRCとの契約を結ぶ中上については、「契約満了は2020年末ですが、ホンダが契約の更新を真剣に検討することを信じています。なぜなら、彼の戦闘力、ライディングスタイルは大きく向上しているからです。」

「本当にその価値があり、まだ改善の余地があることから、ホンダは今後もチャンスを与えると思いますが、当然のことですが、2020年シーズンの序盤の結果に依存します」と、継続起用を期待した。

LCR・ホンダがクラッチロー&中上との契約更新を希望

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。

推奨記事

@takanakagami30