Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

心境を激白するエスパルガロ弟「僕自身の中で2つの気持ちが...」

活動の拠点アンドラから胸の内を打ち明け、残留か移籍かで悩んでいることを告白。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングポル・エスパルガロは、オフィシャルウェブのインタビューに応え、2021年に向けて、KTM残留とHRC移籍の可能性があることを認めた。

「最高蜂クラスに参戦するファクトリーたちは質問してくれ、僕は少なくてもオファーを自由に聞く。KTMというビックファクトリーが僕に大きな関心を抱き、大きなプロジェクトの責任を託してくれ、契約を更新するために闘ってくれることは良い状況だ。2つのファクトリーからのオファーは、ライダーにとって夢のような状況であり、他のファクトリーも同様で、空いたシートに関して話し合っている。」

「状況は僕にとって良い。昨年はグッドなシーズンで、KTMと共にグッドなプロジェクトを開発した。一方でマルク・マルケスはHRCと共に勝ち続けている。彼はレジェンド。アメージングなライダーだけど、ホンダ機を走らせていることから、勝てることができるバイク。彼がそれをレースとチャンピオンシップで証明している。」

「グリッドに並ぶ全員がホンダ機を望む。それは明白であり、誰もが望むバイク。ドゥカティ機も望む。ホンダ機とドゥカティ機はグリッドのベストバイクだ。僕はどちらかに行きたいことは確かだけど、KTMの状況を確認する必要がある。これらのバイクに乗りたくないライダーがいるだろうか?このカテゴリーでタイトルを闘う夢のバイクなんだ。」

「僕たちは4年間一緒に参戦。非常に難しい状況、非常に悪い時期を過ごしたことで、この関係は強固となった。僕たちの結び付きは非常に強く、離れる時にはとても悲しいだろう。」

「僕はKTMに行き、タイトル獲得に向けてバイクに投資し、時間を費やした24歳の若手ではない。それは現在の状況ではない。厳しかった。僕は29歳。最年長ではないけど、グッドでは年上だし、自分のポテンシャルを証明したい。この先10年はない。僕自身の中で、大きな感情と勝つためのバイクを追求という2つの気持ちがあり、難しい状況だから、現時点では決断を下していない。何もアナウンスすることができない。ただ話しをするだけ。まだ1戦も走っていないから、落ち着き、ものごとを順序立て、少し辛抱しなければいけない」と、心情を吐露。

KTMから4年目を迎えるエスパルガロ弟は、6月23日から2日間、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで予定されているプライベートテストに参加。1か月後に控えた緒戦に向けて準備を進める。

エスパルガロ弟「タイトルを闘う夢のバイクだ」

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。