Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

ポル・エスパルガロのKTM残留説

国際放送のピットレポーター、サイモン・クラファーがエスパルガロ弟のKTM残留を考察。

残留か、それとも移籍か?

最近、ポル・エスパルガロがKTMから離脱することに関して多くの臆測が飛び交っています。それに関して、特に彼がKTMに残留するシナリオについて、コメントを求められました。

最初に、私はこの噂に驚いています。KTMがポルを失うことを予想していませんでした。彼らはお互いに愛し合い、ピット・バイラーは何度も繰り返したピットレーンのインタビューの中でそのことは十分に明白であり、理由を垣間見ました。ポルは土曜日、そして時々日曜日に印象的な結果を残しました。彼は特にコーナーの進入におけるオレンジのバイクに必要なことを喜んで強制する数少ないライダーの1人です。常にプロフェッショナルな姿勢を保ち、笑顔で問題を克服する能力を証明したライダーと契約したいチームが存在することを理解できます。

プレシーズンのテストでは、最高蜂クラスにおけるKTMの努力は最高の状態であることを目の当たりにしました。2019年に方向性が見つかり、少なくても、テストチームとダニ・ペドロサの仕事に成果があると思います。この改善により、ポルだけでなく、チームとライダー全員が2020年型のバイクに関して楽観的になりました。これは以前に感じたことはありませんでした。

これら全てを考慮に入れると、KTMは史上最高の時期にも関わらず、瀬戸際に追い込まれていると思われますが、ポル・エスパルガロが主導権を握るのでしょうか?

見つかった方向性に向かって進み、より乗りやすいバイクに改善される場合、困難な対処できるライダーに頼る必要がなくなり、乗りたいと希望するライダーたちが多く出現するでしょう。

ポルとKTMが一緒になるか、離れるのかの決定に関わらず、グリッドの興奮と奥行きをもたらします。私は彼らに感謝し、双方が最高であることを願います。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。