Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By motogp.com

ポル・エスパルガロのドゥカティ移籍説

国際放送のコメンテーター、スティーブン・デイがエスパルガロ弟のドゥカティ移籍を考察。

2020年シーズンはまだ軌道に乗っていませんが、既に2021年シーズンのグリッドが形成され、最も経験豊富な占い師でさえ予想できなかった潜在的な動きがありました。ポル・エスパルガロは最近の見出しとして取り上げられ、レプソル・ホンダとドゥカティ・チームが元中量級王者との契約に熱心です。

極めてポジティブだったウインターテストの後、満足した表情を見せていたポルは、オーストリアのチームに残留することは、確実視され、大幅に改善されたRC16と共にトップ6入に向けて闘うように思われました。

エスパルガロ弟は、KTMから所属4年目のシーズンに入りますが、2つのトップチームが獲得に向けて動けば、当然注意を引きます。ホンダとドゥカティは、ここ3年間の全55戦で46勝を挙げました。彼自身もいつか夢を実現したいと願望を表明しました。

おそらく、ホンダ機の特徴により、より可能性が高そうな目的地にように思われ、世界のベストライダーと並んでレプソルカラーに身を包むことになるかもしれません。しかし、彼がドゥカティに移籍することを決めた場合は?なぜ、ドゥカティはポルの加入を望むのでしょうか?

シーズンが近づく間、ドゥカティはマーベリック・ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ、アレックス・リンスの獲得を目論みましたが、重要な目標を達成できず、2018年の途中にホルヘ・ロレンソを失ったことを加えると、イタリア・ボローニャに拠点を置くメーカーは機会を逃していると述べても不当ではないでしょう。

ジャック・ミラーは先日ファクトリーチーム加入の契約を締結し、ダニロ・ペトルッチは2021年のシートを求めて動いていますが、リーディングライダーであるアンドレア・ドビツィオーソはどうなるのでしょうか?

ここでポル・エスパルガロとのリンクが始まり、最近のライダー移籍事情により、背後をカバーする必要が生じたかもしれません。

ドビツィオーソを維持することは理にかなっています。3年連続して総合2位を獲得。ドゥカティ機のポテンシャルを最大限に引き出すことを知り、マルク・マルケスを時々倒すことができる数少ない1人です。

おそらく、ドビとの最後の契約になるでしょう。前回の交渉は迅速に処理できなかったことから、ポルに関して検討する時かもしれません。

ミラーの加入により、ファクトリーチームに熱狂が持ち込まれ、経験豊富なライダーと組ませることを考えるでしょう。ポルはアンドレアよりも5歳年下ですが、最高蜂クラスで6年間を過ごし、軽中量級時代ではマルク・マルケスにとって棘のような存在でした。

彼の粘り強さはKTMで崇拝されていますが、それで十分でしょうか?グレートなチームでの良い思い出は素晴らしいことですが、他のチームでレースに勝つチャンスは、より良いものです。

KTMは、まだ最強のライバルたちに骨を砕くことができるマシンではありませんが、ポルの手によって、近い時期にドライコンディションで数度の表彰台を獲得しても驚きはないでしょう。そこで、ドゥカティはどう動きますか?

彼のアグレッシブさは、ホンダ機に完璧にフィットするように思われます。レプソルカラーは誰にとっても魅力的ですが、現実的に毎週末に同じバイクを走らせるマルク・マルケスの驚異と闘うことになります。

KTMに加入する前、ヤマハのサテライトチームに所属した3年間は、がっかりさせるものではありませんでしたが、スポーツは結果によって判断され、表彰台獲得数『0』は少し汚点となりました。

誰もポルがトップバイクでチャンピオンシップに勝つことを期待していませんでしたが、過小評価されており、ドゥカティ機はレースで勝つバイクであることから、安定したトロフィーの収集、優勝への挑戦、そして、ドゥカティで王様になることを含めて、想像することができます。

しかし、ドビツィオーソに大きく依存しており、KTMとのリンクは冷え込んでいます。彼のチームメイトであるダニロ・ペトルッチはオーストリアのメーカーと合意が近いように思われます。

この動きが確認された場合、ポルがドゥカティに移籍する可能性が低くなるでしょう。ドビがHRCに戻らない場合を除いては。

ヤマハとスズキが下した決定は、ドゥカティが将来を計画したときに問題となったでしょう。競争と徹底した強さは、かつてないほどに高く、ライダー市場で再び敗北するわけにはいきません。

ドビツィオーソとドゥカティが合意に至らなかった場合、レースに勝つために誰が必要となり、ポルはトロフィーのキャビネットを拡大する準備があります。ボローニャを拠点とするチームは、2021年にアンドレア、もしくはポルを起用する必要があり、それは悪い立場ではありません。ドゥカティができないことは、どちらでもないことです。

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。

推奨記事