Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Pramac Racing

「レースでは十分に注意を払わなければいけない」

1列目進出を逃した今季初転倒を教訓に気を引き締め、ヤマハ勢、ホンダ勢に挑戦。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、第2戦スペインGPの公式予選でベストタイムを更新中の7ラップ目に今季初転倒を喫して、ポールポジションタイムから0.748秒差の5番手。明日の決勝レースを2列目から迎える。

1日目は総合6番手。2日目はフリー走行3で2番手。フリー走行4は、2度のコースインで15ラップを周回すると、1分38秒台を9回記録して、0.352秒差の4番手だった。

「今日はとても幸せ。2列目はグッドなリザルトだ。クラッシュにはがっかりだけど、順位を上げるために全力でトライしていた。トラックはかなりトリッキーだ。温度がおそらく最大の問題になるかもしれない。ペースは信じられないほど速く、タイヤをマネージメントする必要があることから、明日のレースでは十分に注意を払わなければいけない」と、気を引き締めた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。