Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 hours 前
By motogp.com

「昨日と比較すれば、大きく改善された」

「どのように改善していいのか分からない」と呟いた初日午後の20番手から11番手まで挽回。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第2戦スペインGPの公式予選でポールポジションタイムから1.036秒差の11番手。明日の決勝レースを4列目から迎える。

1日目は総合13番手。2日目はフリー走行3で8番手。レースシミュレーションのフリー走行4は、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分38秒台を7回記録して、0.867秒差の17番手だった。

「大きな違いをもたらした。昨日はバイクのバランスが良くないと感じたけど、今日は改善した。データを見ると、マーベリックとファビオは全ての分野で強い。通常、マーベリックはブレーキングが非常に速い。僕よりも少し上手くバイクを止められるようで、これが現時点で一番の問題だ。」

「昨日と比較すれば、大きく改善されたけど、もっと必要だ。もう一歩前進できるように仕事を続けよう。今はトップ3が非常に強い。ヤマハでは、マーベリックとファビオが非常に速く走れている」と、チームメイトを絶賛した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。