Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「これがレース。時々起こってしまう」

最高蜂クラスでの初表彰台獲得に向けて4番手を走行中に突然のスローダウン。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第3戦アンダルシアGPの6番グリッドから4番手走行中の17ラップ目に入る手前で失速。自己最高位を獲得する機会を失い、総合5位から10位に後退した。

「グレートなスタートではなかったから、前のグループに追い上げるためにファイトが必要だったけど、とても快適に挽回することができた。バイクのフィーリングは最高。フィーリングは最高だった。もしかしたら、表彰台を含めて、エクセレントなリザルトを獲得する絶好な機会になると考えた。本当にグッドなペースがあった。」

「その後、機械的な問題が発生してしまい、バイクが止まってしまったけど、これがレース。時々起こってしまう。原因は解らないけど、チームとヤマハのエンジニアたちが調査している。」

「今週末と一貫したペースで走れた前回のポジティブなところがある。ブルノに僕たちのエネルギーを集中させよう」と、2週間の第4戦チェコGPに向けて気持ちを切り替えることを語った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事