Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

「ミゲールのレースを台無しにしてしまった。最悪だ」

2戦連続して最後尾からの挽回。上位陣と同等なペースで刻んでいたが、ハイサイドから転倒。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングブラッド・ビンダーは、第3戦アンダルシアGPの決勝レースで9番グリッドからスタート直後の1コーナーで5番グリッドのミゲール・オリベイラに接触。

コースアウトから復帰して、トップから14.101秒差の最後尾20番手で1ラップ目を通過すると、17.932秒差の12番手で12ラップ目を通過。上位陣と同等なペースで挽回していたが、13ラップ目の13コーナーで今季初転倒を喫した。

「決定的に、今日は計画通りに行かなかった。ミゲールのレースを台無しにしてしまったことは最悪だった。それまでは素晴らしい週末になっていて、ストロングなレースになっていたことは確かだけど、本当に申し訳ない。」

「グッドなスタートだった。イン側のダニロ・ペトルッチが見えず、体勢を立て直すのが遅すぎて、ミゲールとの接触を避けることができなかった。アクシデントを見たとき、本当に彼のことが心配だったから、大丈夫だったことが嬉しい。」

「あの後のレースは難しかった。自分のレースを続けるために全力を尽くした。最終コーナーでハイサイドから飛ばされてしまったけど、僕は大丈夫。次回、改めてトライしよう」と、接触と転倒を振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事