Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By motogp.com

「僕たちは新品タイヤでも中古タイヤでも速い」

昨年10月の第18戦マレーシアGP以来、6戦ぶりとなる1列目を獲得。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第4戦チェコGPの公式予選2でポールポジションタイムから0.311秒差の3番手。明日の決勝レースを1列目から迎える。

1日目は総合2番手。2日目はフリー走行3で1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、5ラップ目の11コーナーで今季初転倒を喫したが、2度のコースインで11ラップを周回すると、1分58秒台を3回、1分57秒台を5回記録して、0.478秒差の3番手だった。

「ポジティブな週末となっている。僕たちは新品タイヤでも中古タイヤでも速い。これはすごく良いことだ。フリー走行4で転んでしまった。とても奇妙だった。フィーリングを取り戻すのに、ある程度の時間が必要だった。」

「最初のタイムアタックは、あまり良くなかったけど、2度目は自信を取り戻して、グッドなラップができた。1列目からのスタートは非常に重要。グッドなスタートを切って、グッドなレースをしよう。」

「レース中盤以降は未知の領域。誰も21ラップを同じタイヤで走りきっていないけど、全員が同じことだから、ファンにとっても、僕たちライダーたちにとって、とても興味深いことになるだろう。」

「個人的に同じタイヤで15ラップを走ったから、ラスト6ラップは未知だ。15ラップ目までは良い感じだった。その後はタイヤが劣化してしまうだろう。しかし、明日になるまでは、確かなことは分からない。」

「昨年の週末もヘレスの週末も速かったけど、今週末はスピードがあるようだ。ヘレスで相応しかった表彰台の獲得にトライしよう」と、2日目と週末を振り返り、決勝レースの目標を語った。

「もしチャンスがあるなら、それは明日だ」

Ver esta publicación en Instagram

Saturday, Brno P3 +0.311 Good day!

Una publicación compartida de Franco Morbidelli (@frankymorbido) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。

推奨記事