Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By motogp.com

「最も強敵なライバルは、チームメイトだ」

公式予選で今季初転倒を喫したが、フリー走行4で最速ペースと最速タイムを記録。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第4戦チェコGPの公式予選2で、最後のタイムアタックとなった7ラップ目の13コーナーで今季初転倒を喫し、ポールポジションタイムから0.303秒差の2番手。シーズン開幕から3戦連続のポールポジションを逃したが、昨年9月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから10戦連続の1列目を確保した。

初日は総合12番手。2日目はフリー走行3で3番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、2度のコースインで13ラップを周回すると、1分57秒台を7回、1分56秒台を1回記録して、週末2度目、今季6度目の1番手に進出。

「1ラップ目にミスしてしまうと、2ラップ目に挽回できない。路面が悪く、過去にも同じようなこと起きていた。2ラップ目に少し遅れていると、最後まで挽回しようとトライする。今日はそこでミスを犯してしまい、転んでしまったけど、重要なのは1列目からスタートすること。」

「ヤマハ機は全てのトラックで良い。1ラップはすごく機能するけど、ここの路面と凸凹が僕たちを難しくする。ドゥカティ勢はストレートでベストタイムを出すことができる。僕たちのポテンシャルは良くないから、不利だと思うけど、フリー走行4で一歩前進した。どこに位置しているのか正確に分からなかったけど、最後のプラクティスで大きく改善した。」

「最も強敵なライバルは、チームメイト。週末を通じて優勝できることを証明した。ヨハンのリズムがどうなのか知らないから、何も言えないけど、ジョアンのリズムはすごく良い。カルも。ジャックとアンドレアも速いだろう。優勝争いをするリズムがある」と、2日目を振り返り、フランコ・モルビデッリ、ジョアン・ミル、カル・クラッチローを警戒していることを明かした。

第4戦チェコGP『MotoGP™クラス』-クラッシュ

「僕たちの問題はドゥカティ勢」

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。