Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「肩がとても辛かった」

昨年4秒差の4位を獲得したブルノでのフリー走行4で4番手に進出。

チーム・スズキ・エクスターアレックス・リンスは、第4戦チェコGPの公式予選1で1番手通過。公式予選2では、ポールポジションタイムから0.884秒差の11番手だった。

第2戦スペインGPで負傷した右肩の回復具合を確認した初日は総合13番手。2日目はフリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで10ラップを周回すると、1分58秒台を3回、1分57秒台を2回記録して、4番手に浮上。

「今日は肩がとても辛かった。フリー走行3は良かったけど、公式予選2を失ってしまった。1つのセッションを節約し、肩を少し温存するために、公式予選2への直接進出を目指して全力を尽くしただけに残念。」

「フリー走行4は、痛みを忘れ、ラップタイムと一貫性に集中した。公式予選1では、公式予選2に進出するために、痛みに耐えながら、全力を尽くし、グッドなラップタイムが出た。」

「このトラックでは、タイヤの寿命は短くなる傾向があることから、注意して、管理することが重要だ。グッドなリザルトを獲得したい。11番グリッドは悪くないと思う」と、厳しかった2日目を振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。