Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「ヤマハに加入してから最悪の結果だ」

優勝、表彰台争いから引き離され、終盤に順位を落として14位だったが、総合2位を堅守。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第4戦チェコGPの決勝レースで2列目5番グリッドから1ラップ目に8番手、4ラップ目に9番手、12ラップ目に10番手に後退。

ラスト4ラップで4つ順位を落とし、19.720秒差の14位で完走。総合2位を維持したが、ポイントリーダーとのギャップが10ポイント差から17ポイント差に拡大した。

「これはヤマハに加入してから最悪の結果だと思う。正直なところ、何か起こったのか分からない。今朝は最高の感じがあり、中古タイヤを装着して、グッドなラップタイムをヒットしたけど、レースでは、1ラップもペースをキープすることができなかった。」

「最初から大きくグリップを失い、少しずつ悪くなってしまった。バイクを走らせることが非常に難しく、唯一したことは、フィニッシュして、幾つかのポイント稼げるようにトライしたこと。あれ以上のリスクを冒していたら、0ポイントに終わっていたかもしれない。それはミスだ。」

「貴重な2ポイントを稼いだ。ポジティブなことは、チャンピオンシップのリーダーもあまり良くなかったから、ダメージが軽減されたこと。データをチェックして、オーストリアで再び速く走れるようにトライしなければいけない」と、14位で完走したレースを振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの決勝レースをオンデマンドで配信。