Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

「残念ながら、レースでは予選ほど鋭くなかった」

2戦連続の転倒リタイア後、3戦目で完走を果たして、総合18位に浮上。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアレイシ・エスパルガロは、第4戦チェコGPの決勝レースで2列目4番グリッドからスタートで2番手に浮上。序盤は上位争いに加わり、15.087秒差の10位でフィニッシュした。

「ヘレスの後で完走できたことが嬉しいけど、全てに満足できない。残念ながら、レースでは予選ほど鋭くなかった。上位陣と一緒に走るペースがなかったけど、歴史的に苦戦するトラックでトップ10以内を維持でき、ここから正真正銘のシーズンスタートにすることができる。」

「特に、加速とコーナー中間でのスピードの仕事に取り組む必要があるけど、今回はリスクを減らしたことから、ヘレスでの転倒が影響を与えたかもしれない。とにかく、コップ半分として考えたい。自分たちの限界を知っている。問題を解決するために全力を尽くす必要がある」と、作業の継続を強調した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第4戦チェコGPの決勝レースをオンデマンドで配信。