Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「バイクが僕に近づいて来るのが見え、頭上を越えた」

最後尾に後退した原因はクラッチ。7人を抜いたが、19ポイント差の総合3位に後退。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第5戦オーストリアGPの決勝レースで、赤旗中断後、6番グリッドからオープニングランプで最後尾の20番手に後退。7人を抜いて、15.278秒差の10位でフィニッシュしたことから、総合2位から3位に後退した。

「今日はとても幸運だった。これが最も大切なこと。僕たちは大丈夫。このようなことは、レースで起きてしまう。常にリスクがあり、あのコーナー、3コーナーは本当に危険だと毎回言っている。簡単に他車と接触してしまうことから、何かしなければいけない。」

「ウォームアップ走行中には、あそこで転びそうになった。フロントがブロックしてしまい、壁の方に向かったときは怖かった。インシデントのとき、正直なところ、何も見えなかった。バイクがクラッシュした音が聞こえ、ヨハンのバイクが壁に激突したことを感じ、バイクが僕に近づいて来るのが見えた。頭上を越え、バイクが飛び上がった。今日はとても幸運だった。誰もが救われたことが最も重要だ。」

「僕たちはここにいる。ファビオは僕たちの2つ前だったから、チャンピオンシップは終わっていない。」

「レース2は、クラッチに大きな問題があった。最初から本当に強さを感じていたから、チャンピオンシップのトップに立つという2度の機会を逃してしまった。確かに、レース1ではかなり遅かったけど、15ラップ目からハードにプッシュを始めるつもりだった。」

「レース2は、問題が発覚した後、レースが終わったと考えたけど、3~4ラップほど周回すると、クラッチが再びOKとなり、辛抱強く、前のライダーたちを追い越した」と、アクシデントを振り返り、レース2で出遅れた原因を説明した。

第5戦オーストリアGP『MotoGP™クラス』-クラッシュ

VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦オーストリアGPの決勝レースを含めた全セッションをオンデマンドで配信