Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Pramac Racing

「午前はミディアム、午後はソフトを試した」

6年目の最高峰クラスで初めて1番手発進を決めた後、タイムアタックせずに17番手。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、第6戦スティリアGPのフリー走行1で今季2度目の1番手に進出。フリー走行2は、4度のコースインで19ラップを周回すると、1分25秒台を8回、1分24秒台を1回記録して1.287秒差の17番手。午前のタイムで初日は総合2番手だった。

「グッドな初日となった。ファンタスティックなフリー走行1となり、最初からすごく速かった。沢山の周回を重ねて、午前はミディアムタイヤ、午後はソフトタイヤを試した。今日に満足。明日に向けた準備ができている」と、好発進した初日を振り返った。

微調整に専念するジャック・ミラー

VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦スティリアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信

推奨記事