Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 hours 前
By Ducati Team

「こんなことは今までに一度もなかった...」

中古タイヤのパフォーマンス向上に集中したことから、新品タイヤのフィーリングを掴めずに9番手。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第6戦スティリアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.269秒差の9番手。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日は2番手と15番手。2日目はフリー走行3で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、中古タイヤを装着して15ラップを周回すると、1分25秒台を8回、1分24秒台を1回記録して9番手だった。

「僕たちの目標は1列目を獲得することだったけど、残念なことに、予選で1ラップも上手く走ることができなかった。こんなことは今までに一度もなかった。この2日間、中古タイヤで多くのことを試した後、新品タイヤで適したフィーリングを見つけることに苦労した。」

「今週末は多くの仕事に取り組んだ。明日に向けて準備ができている。レースをファイトするために、順位を素早く挽回したい」と、2戦連続の優勝に向けて、序盤でポジションを巻き返すことを強調した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦スティリアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信