Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Team SUZUKI ECSTAR

「とても良い感じ。トップを争うペースがある」

最高峰クラスで初めてのフリー走行総合1番手から予選自己最高位の4番手に進出。

チーム・スズキ・エクスタージョアン・ミルは、第6戦スティリアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.098秒差の4番手。予選の自己最高位を獲得して、明日の決勝レースを初の1列目からスタートする。

初日は5番手と3番手。2日目は、フリー走行3で今季2度目の1番手、最高峰クラスで初めてフリー走行総合1番手に進出。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、中古タイヤを装着して18ラップを周回すると、1分24秒台を6回記録して2番手だった。

「今のところ、今週末は先週末と比較して少し改善することができた。このトラックで2列目以内からスタートすることは非常に重要だから、特にトップに接近したタイムをマネジメントできて嬉しい。とても良い感じ。トップを争うペースがあるから、明日がどうなるか見てみよう」と、2戦連続の表彰台、初優勝に向けて手応えを感じていることを説明。\

VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦スティリアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信