Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Petronas Yamaha SRT

「先週末の後だけに、励みとなるポイントだ」

1週間前の衝撃的なクラッシュを乗り越える不屈な精神と強靭な意志で完走。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第6戦スティリアGPの決勝レースで4列目10番グリッドから16ラップを終了した時点で16番手。赤旗中断後は4列目から7人による15位争いに競り勝って、ポイント圏内でフィニッシュした。

「タフなレースでストレンジなウィークエンドだった。単独走行なら、思うような走行ラインで走ることができ、まともな速さがあったけど、レースになると他車と一緒になり、彼らのペースに飲まれてしまい、アタックすることができなかった。」

「僅かな1ポイントを稼ぐために、大きなドラマもなく、最後まで走り切ることだけだった。先週末の後だけに、励みとなるポイントだ。」

「さあ、帰宅して、次ぎのミサノの前に少し休もう。こことはレイアウトが全く違う。とても曲がりくねっているタイプのトラックでは、ここまでのところ僕たちは速かった。速く走れることを期待する」と、2連戦を過去のことにし、視線を次戦のホームレースに向けた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦スティリアGPの決勝レースをオンデマンドで配信