Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「昨年初めて優勝争い。再現できるようにトライしよう」

お気に入りのトラックで開催される2連戦でドビツィオーソとのアドバンテージ拡大を狙う。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、シーズン最初の3連戦で7位、8位、13位で完走。シーズン2度目の3連戦を前にポイントリーダーの座を維持した後、今週末は昨年初めて優勝争いを繰り広げたミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリでポイント拡大を目指す。

「ミサノは、低速と高速のコーナー、左から右への切り返しなど、全ての特徴が少しずつ揃ったお気に入りのサーキットの1つ。新しいアスファルトの上でどのように走れるのか、昨年からコンディションが大きく変化するのか、興味深い。」

「とてもビューティフルなサーキット。11コーナーは開催日程の中で最もお気に入りのコーナーだ。6速全開のバックストレートの後、エンジンブレーキを少し使って、可能な限り素早いフルスロットルで駆け抜ける。グレートなコーナーだ。週末が待ち切れない。昨年初めて最終ラップまで優勝争いをしたから、2週連続して、再現できるようにトライしよう。」

「今後のレースで表彰台に戻り、僕たちのバイクに上手く適応するサーキットで多くのポイントを稼がなければいけない。目標はヘレスの2戦で得ていたバイクのフィーリングを取り戻すことだ」と、イタリアに向けて出発する前に力強く語った。

過去5年間のリザルト
2019年:3番グリッド/2位(MotoGP™クラス)
2018年:4番グリッド/7位(Moto2™クラス)
2017年:10番グリッド/6位(Moto2™クラス)
2016年:18番グリッド/18位(Moto3™クラス)
2015年:負傷欠場(Moto3™クラス)

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのプレスカンファレンスから『MotoGP™クラス 』の決勝レースプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信