Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「最高峰クラスで初優勝を挙げるチャンスだ」

2番グリッドから最高峰クラス41戦目での初優勝、キャリア初のホームレース優勝を狙う。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームフランコ・モルビデッリは、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で、自己最高位タイとなる2番手に進出。明日の決勝レースを最高峰クラスで初表彰台を獲得した第4戦チェコGP以来、今季2度目の1列目から迎える。

初日は12番手と2番手。2日目は、フリー走行3で9番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、2度のコースインで16ラップを周回すると、1分33秒台を7回、1分32秒台を1回記録して6番手だった。

「とても嬉しい。グッドなタイムを出そうとトライしていた。フィニッシュラインで大型画面を見て、1番手に位置していたから、ホームグランプリでのポールポジションを期待していたけど、残念なことに、マーベリックの方が速かった。2番グリッドは、レースを始めるには重要なポジションだ。明日は最高峰クラスで初優勝を挙げるチャンス。トップグループにとどまって、どうなるか見てみよう。」

「強さを感じる。全てのヤマハ勢が強いことから、もう少し改善する必要がある。ファイトの準備ができている」と、初のポールポジションを逃したが、初優勝に挑むことを宣言した。

「初めてのポールポジションを期待していた」

メッセージが込められたスペシャルヘルメット

Ver esta publicación en Instagram

Misano, Saturday P2 +0.312 Bell’atmosfera!

Una publicación compartida de Franco Morbidelli (@frankymorbido) el

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信

推奨記事