Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「長く、タフなレースとなるから、賢くなるように努めよう」

今季2度目のポールポジションからマレーシアGP以来7戦ぶり今季初優勝を狙う。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選で、2年前に記録されたオールタイムラップレコード(1分31秒629)を0.218秒更新。第5戦オーストリアGPに続き、今季2度目のポールポジションを奪取した。

初日は1番手と5番手。2日目は、フリー走行3で2番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、1分33秒台を9回、1分32秒台を2回記録して2番手を維持した。

「あのラップはアメージングだったから、とても嬉しい。ポールポジションを与えてくれただけでなく、ラップタイム自体が凄かった。タイムを見たとき、『グッドなラップタイムだ!』と考えた。僕たちのポテンシャルが分かっている。持てる全てを発揮して、本当にグッドなラップをマークした。正直にすごく嬉しい。1日の終わりに、これほど速く走れたことに感銘を受けている。」

「ラップレコードを破ることは本当に難しい。午前は31.9秒で走れ、午後に何ができるのか確かではなかったけど、ハードタイヤを履いたフリー走行4ですごく良い感じがあった。」

「明日は何が起こるのか分からないけど、昨日も今日も僕たちは強かったから、明日ももう一度強くなれるようにトライしよう。最初からプッシュしよう。非常に長く、タフなレースとなることから、賢くなるように努めよう。何ができるのか見てみよう」と、会心の笑みを浮かべ、今季初優勝に挑むことを語った。

「ラップタイムはアメージングだった」

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信