Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By motogp.com

ザルコが5基目を投入、リンスはスティリアで1基を撤回

6戦終了時点でビニャーレス、モルビデッリ、レクオナ、スミス、リンス、ロッシ、バグナイアが1基を撤回。

最高蜂クラスに参戦するメーカーは、エンジンのレギュレーションにより、20戦を上限として開催するシーズンにおいて、エンジンの使用可能基数は7基、コンセッションの資格を有するメーカー(KTMとアプリリア)は9基と制限。

5月28日に国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が発表したグランプリコミッションの決定により、イベント数が最大で11戦の場合は4基と6基、最大で14戦の場合は5基と7基に決定。

8月10日、国際モーターサイクリズム連盟はシーズンの最終戦として、ポルトガルGPの開催を発表。最高峰クラスのイベント数が14戦となり、年間の使用可能基数の上限がホンダ、ドゥカティ、ヤマハ、スズキで5基、KTMとアプリリアは7基に決定。

制限基数を越えた場合、公式予選の順位に関わらず、決勝レースをピットレースからスタートするペナルティが科せられ、過去には、2017年11月の最終戦バレンシアGPで、ポル・エスパルガロが制限の9基を越える10基目をフリー走行2から使用したことから、公式予選2で11番手だったが、決勝レースではピットレーンからスタートしていた。

今季6戦目が終了した時点で、マーベリック・ビニャーレスとバレンティーノ・ロッシが第3戦アンダルシアGP、フランコ・モルビデッリ、イケル・レクオナ、フランチェスコ・バグナイアが第4戦チェコGP、アレックス・リンスが第6戦スティリアGP、ブラッドリー・スミスが第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで各1機をエンジンアロケーションから撤回。

ビニャーレスは第3戦アンダルシアGP、モルビデッリは第4戦チェコGP、ヨハン・ザルコ第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPから5基目を投入。

一方で、カル・クラッチロー、アレックス・マルケス、欠場しているマルク・マルケス機を使用するステファン・ブラドルは2基、レクオナ、中上貴晶、ジョアン・ミル、ポル・エスパルガロ、ティト・ラバット、バグナイア、ミゲール・オリベイラは3基をローテーションで使用していた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPのプレスカンファレンスから『MotoGP™クラス 』の決勝レースプレスカンファレンスまで完全網羅の生中継で配信