Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Pramac Racing

「初めてのポールポジションをミサノで獲得したかった」

フリー走行3とフリー走行4で連続の1番手。公式予選はトラックリミットを越えて5番手。

プラマック・レーシングフランチェスコ・バグナイアは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選でトップタイムから0.236秒差の5番手。明日のホームレースを2列目から迎える。

初日は連続10番手。2日目はフリー走行3で今季2度目の転倒を喫したが、オールタイムラップレコードを更新して今季初めての1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、中古タイヤを装着して10ラップを周回すると、1分32秒台を5回記録して1番手を維持した。

「残念なことにミスを犯してしまった。ポールポジションが僕のものなるときに、グリーンエリアに触れてしまった。セクター3まで、大きなアドバンテージがあっただけに、グリーンに触れる必要なかった。タイムを失ってしまいけど、規則は尊重される。僕はミスを犯した。」

「最高峰での初めてのポールポジションをミサノで獲得したかったから、申し訳ない。僕たちのペースは、ヤマハ勢とミルと一緒に最速の1人だけど、闘うことができる」と、ポールポジションを逃したことを悔やみ、優勝、表彰台争いに自信を見せた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信

推奨記事