Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Pramac Racing

「週末を通じて様々なタイヤの組み合わせを試した」

フリー走行4でロングランを実行した後、公式予選1で1番手、公式予選2で2番手。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選でトップタイムから0.076秒差の2番手。明日の決勝レースを3戦ぶり2度目の1列目から迎える。

初日は15番手と13番手。2日目はフリー走行3で今季5度目の転倒を喫して9番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、フロントに新品タイヤ、リアに中古タイヤを装着して連続16ラップを周回すると、1分33秒台を9回記録して18番。

「予選がとても嬉しい。公式予選2に直接進出できなかったけど、週末を通じて働き、様々なタイヤの組み合わせを試して、どのタイヤとセットアップを使用するのか明確になった。最も重要なことはグッドなスタートを切ること。2列目からのスタートは助けとなるはずだ」と、3度のフリー走行で上位に進出しなかった理由を説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを生中継で配信

推奨記事