Tickets purchase
VideoPass purchase
News
15 days 前
By Pramac Racing

「ティアオフが入ってしまった」

2日間を費やして万全な準備を整えたが、不運な珍事に見舞われて、今季2度目のリタイア。

プラマック・レーシングジャック・ミラーは、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで1列目2番グリッドから8ラップ目に失速してリタイアを決断。12ポイント差の総合3位から20ポイント差の総合6位に後退した。

「とても悲しい。上手くスタートが切れ、グッドなレースができたかもしれない。そのための全ての適切な条件が揃っていた。」

「誰のせいでもない。エアボックスにティアオフ(捨てバイザー)が入ってしまったから、非常に不運な日になってしまった。懸命に、そして良い仕事をしてくれたチームに申し訳ない。バルセロナには、さらに強くなって戻って来よう」とリタイアの原因を説明した。

ジャック・ミラーがリタイアした原因は?

VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースを含む全セッションをオンデマンドで配信