Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By LCR Honda CASTROL

「完走したことはポジティブ」

右前腕と左足首に負傷を抱えた中、今季5度目の完走、最高位の10位でフィニッシュ。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、シーズン緒戦の第2戦スペインGPウォームアップ走行で転倒を喫した際に左手舟状骨を骨折。左手のパワー不足を補うことで右腕に大きな負担がかかり、腕上がりの症状が続いたことから、第6戦スティリアGP後に右前腕を手術したが、傷口が開いたことから2戦に欠場。

復帰戦となった第9戦カタルーニャGPでは、6列目16番グリッドから今季の最高位となる10位でフィニッシュした。

「レースを終え、トップ10に進出したことはポジティブ。もう少し期待していたけど、グッドなスタートが切れなかった。グリッドでスタートデバイスを搭載しない唯一のライダーかもしれないから、スタートがレースの挑戦的な部分になることを覚悟しているけど、先週末にグッドなリザルトを獲得したライダーたちを相手に良い仕事と思う。」

「久しぶりに長くバイクに乗って、レースディスタンスを走れたことは良かった。前腕に痛みと問題がったけど、それほど悪くなくレースを終われると感じていた。バイクのセッティングが違えば、もう少し上手く走れることができたかもしれないけど、僕たちはチームとして良い仕事をした。ルマンが楽しみだ」と、仕切り直しとなったレースを振り返った。

「トップ10フィニッシュはポジティブ」

VideoPass(ビデオパス)』では、第9戦カタルーニャGPの決勝レースをオンデマンドで配信